読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ、音楽、インターネット

テレビ、音楽、インターネットについてだべります

はたらくことと映画 - 2016年の映画

ふだん、映画を観ない私ですが、2016年はわりあいよく映画館に足を運んだように思います。とはいっても、両手で数えられるくらいの回数なのですが。

シン・ゴジラ

公開初日に TOHO 新宿で 4D 、立川爆音上映、バルトでもう一回、と珍しく繰り返し観た映画でした。初回のあとはパンフレットを買い、大人の社交場ルノアールで読みふけりました。映画のミニマルさと演出の加速度がシンクロして本当に気持ちよく清々しい映画でした。「巨災対」がはじめに会議するときの会議室を設営するカメラワークとあの曲の入り + 会議を重ねるに従って加速する曲のアレンジがたまらなく好き。たぶん、4K BD で買います。 あと、『シン・ヱヴァ』もそうですけど、中二的なオタクゴコロのくすぐり方と、観た人が語りたくなる力は凄いなぁ。ゴジラシリーズとして、とか、庵野演出が、とか、震災が、とかいくらでもあるし、それがなくとも楽しめる。

君の名は。

ストレートな見方でいうと、あんまり刺さらなかったんですけど、RADWIMPS の PV としての完成度は圧倒的だなと思いました。と、いうことはある部分で刺さったのだろうなぁ。男女の青春譚にある種の憧れがあるのでしょうな。 アニメ映画をあまり観ないのでアレなのだけど、オープニングが入る感じ、なんだかすごくよかったなぁ。曲もあるけど、一番アガッたポイントでした。ワクワク感大事。

何者

これは、単純に、喰らった。自意識に殺されるなんて表現がありますけど。 あとやっぱり川村元気氏が気になるなぁと。「『これ、誰のですか!?』と叫ぶ。それが僕のやっていること」と語ってはいるけれど、その振れ幅がもう意味がわからない。 news.yahoo.co.jp

SCOOP!

ただの大根仁ファンということを自覚した。やっぱり、頑張って働こう、という気持ちになる作品を作るかただなと思った。というか、たぶん、職業映画づくりが巧みで、なぜなら大根さんも一流の作家でありつつ題材に対するリスペクトが多分にあるからなのだろうなぁと思いました。ディテールの作り方含めて本当に素晴らしかったです。 それと、福山雅治というひとが気になった映画でもありました。『夜の巷を徘徊する。』特別編とかね。