テレビ、音楽、インターネット

テレビ、音楽、インターネットについてだべります

ディスプレイの力 - 2016年の YouTube ①

2016 年は 4K テレビを買ったのですが、テレビで YouTube を観ると、これまで iPhoneiPad で観ていたものは一体何だったのかと‥‥。同じものでも、大きくすることや解像度を上げることで体験や印象が全く変わるのは面白いなぁということを感じる昨今。いろんな環境で観た YouTube から印象的だったものを。

ハイテンション / AKB48、サヨナラの意味 / 乃木坂46

48グループと46グループの戦略の違いがとてもよく感じられる。90−00年代のハロー!プロジェクト楽曲感があるのも好きですが、『ハイテンション』はとみにマス感が強いというか。つまり、みんなが踊れるレベルの振り付け、エキストラによるダンス、画面の圧力。で、ラストカットの視聴者への投げ方も、「踊ってみた」を意識しているのだろうなと勝手に思ったり。一方で、『サヨナラの意味』の方はショートフィルムになっていて、映像表現も含めて作品の世界観なのだという位置付けが感じられます。マーケティングツールと映像作品、という好対照な住み分けが綺麗にできているなぁと思った次第。

youtu.be

youtu.be

世界には愛しかない / 欅坂46

で、その「46の系譜」を受け継ぐ映像をバンバン出してくる欅坂なのですけど、いまこの瞬間を輝き走り続ける彼女たちと渋谷を重ね現在(いま)を切り取った『サイレントマジョリティー』ももちろん好きですが、個人的にはこっち。やっぱりドローンを使ったカメラワークと北海道のひらけた大自然のコンボによる映像の圧倒的な気持ちよさがすごい‥‥。これやっぱりテレビの力も大きいのだろうな。 そうそうそれと、「個人PV」は予告映像はちょこちょこ見ていたんですが、『二人セゾン』で初めて盤を買いまして。なのですが、720p な DVD に収録された映像より、YouTube の方が圧倒的に高画質で、私は一体なにに金を払っているのだ‥‥という気持ちになりました。

youtu.be

RUN and RUN / lyrical school

イデアにはもちろんうおー!と思ったんですが、一切の妥協なく、ダミーのそれっぽいアプリとかじゃなくてちゃんとリアルな挙動をベースにここまで気持ちよく観られる作りがスゲェなぁ、と。ヒップホップに大切なのはリアルよね。現実を含めて、レイヤーをいったりきたりするのもギミックが効いてて飽きないです。

vimeo.com