読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ、音楽、インターネット

テレビ、音楽、インターネットについてだべります

やっぱりポップカルチャーが最高だった - 2016年の音楽

音楽

最高な音楽ばかりの一年でした。毎年ですけれど、そう思えることはありがたいなぁと思います。救われているよ、ほんとに。以下、順不同で。

100%未来 feat.三浦直之(ロロ)/ ENJOY MUSIC CLUB

なんかコレを選ぶのもどうかなと思ったんですけれど、だって聴きまくっちゃったんだからしょうがない。「サンキュー ポップカルチャー 全般」なんて言われたら、全肯定するしかないよ。特に、いろんな「当たり前じゃねーからな」ばかりの昨今において、テレビ、音楽、インターネットのポップカルチャーに生かされているんだよなぁとまざまざ感じた一曲でした。ポップカルチャーがいてくれれば、「未来はいつも 100パー 楽しいから」明日も暮らそう。 このブログもあわせて読みたい

hiko1985.hatenablog.com

soundcloud.com

ディスコって / 坂本慎太郎

原曲はもちろんだけれど、カバーがすこぶるいい。

youtu.be

恋 / 星野源

ベタにコレ、選ぶんですけどね。暮らしの歌が好きなことに加えて、自分の現在に重なるところもあり。絶妙な中華アレンジのウキウキ感。『逃げ恥』第1話のエンディングで一発目の音が鳴り、新垣さんの姿が網膜に到達した刹那、「アッ!」と声をあげてしまったあの高鳴りは間違っていなかった。

youtu.be

泡沫サタデーナイト / モーニング娘。’16

アイドル楽曲いろいろあるりましたけど、やっぱりこれの衝撃というか。コレが聴きたかった!っていうとこに徹頭徹尾、ツボ。キメ・タメの作り方とか、韻の踏み方とか、パーティー感もそうだし、コーラスの入りも。津野米咲さんを崇め奉ろう。

youtu.be

My Love is Online feat.Akita Momo / The Hair Kid

インターネット音楽でいうと、コレかなり聴いたなぁ。マルチネのライナーノーツを借りるなら、まさに「いい塩梅」。こういう、ちょうどよさ、って大事だなぁとかぼんやりおもいました。

soundcloud.com

DANCE TO YOU / サニーデイ・サービス

若手バンドの中のシティポップっぽい潮流がはっきりと輪郭を見せ始めたそのタイミングで。そういう文脈で語っていいものかもわかりませんけど、何周でも聴けるし、季節は巡るし、少年は大人になる。

youtu.be