テレビ、音楽、インターネット

テレビ、音楽、インターネットについてだべります

FANTASY CLUB に救われた話

FANTASY CLUB / tofubeats

目にする感想がだいたい、“OPEN YOUR HEART” がアルバムの中で重要な役割を果たしているというもので、それは確かにそうなのだけど、やっぱり私は『CHANT #1』に救われている。 このご時世に評価される人間の要素として「気づく」能力の高さというものがあると思っていて、空気を読むにも近しいんですけど、対人感受性が強いことが素晴らしい人材の要件として定義されがちだなぁと思うわけでありまして。別にそれは人事評価がどうだとか、そういう大げさなことじゃなくて、それこそ友達とイオンのフードコードでおしゃべりしているときのコミュニケーションでも多かれ少なかれ求められるものなのではないのかなと。仲間うちで、会社で、おうちで、磨耗していくのが、この世の人々の常なのではないかなと、思ったりするわけです。 そこへきて『CHANT #1』の これ以上もう気づかないでいい 君は というフレーズは 2017 年を生きる相当多くの人を救うだろうし、こういう時代感覚と暮らす人としての感覚が tofubeats さんのうたの素晴らしいところなのだなぁと改めて考えたりしました。そして、それは『SHOPPINGMALL』にも通じるところなのでありますが。

あとは、前々からライブで聴いていて大好きだった『THIS CITY』の音源化がとても嬉しかったですし、『WHAT YOU GOT』との流れも最高でした。おっしゃる通り、流れで聴くことで深みが一層増す一枚。

あ、REDBULL STUDIO TOKYO で行われたレコ発トークイベントに幸運にも当選しまして、聴かせていただいたアートワーク周りのお話も相当面白かったです。向こう側の景色が見えるブックレット。