テレビ、音楽、インターネット

テレビ、音楽、インターネットについてだべります

チャットモンチーのアイデンティティは橋本さんの唄だなぁと思った話

橋本絵莉子波多野裕文 / 橋本絵莉子波多野裕文

チャットモンチー橋本絵莉子さんと、People in the Box波多野裕文さんのデュオのデビューファーストアルバム。事前に公開されていた「トークトーク」から、こりゃすごいなぁと、思っていたんですけど、アルバム全編もえらいことになっていて。

デビュー当時から、チャットモンチーを一番好きなバンドのひとつとして挙げていたわたしですが、このアルバムを通じて、チャットモンチーっていうのはつまり、橋本絵莉子というひとの唄そのものなのだということを改めて感じることになりました。つまり、橋本絵莉子というひとが、詩を書き、唄うことが、チャットモンチーを構成する最小限の要素なのだなと。波多野さんという、いわば、そとのひとが曲を書くことでそれがクッキリと現れたのかなぁと感じました。曲というよりも、唄にフォーカスした、アコースティックな気分の曲が多かったのも、そう感じた理由のひとつなのかもなぁ。